日本人が英語を苦手だと感じる理由

日本人はなぜ英語が苦手なのか?

英語の需要が増えた理由としてはグローバルな社会が世間で求められているのも一つの理由ですが、小学生から中学生の義務教育の中でも英語に触れる機会はとても多く、なのに英語がいまだに使いこなせる 日本人が少ないのはなぜなのでしょうか?
答えは意外にも簡単なことで、「試験に合格するためだけの英語の勉強方法しか学校側が教えていない」からです。
どういうことなのかと言うと、実用的な英語をほとんど学校側では教えていないのです。
例えば単語や文法ですが、覚えるのにもちろん越したことはありません。
ですが、難しい単語を一生懸命たくさん覚えたとしても、いざ実践で使うか使わないかと言われれば使う事はほとんどないでしょう。
そして、英語を覚えることはあっても英会話をすることはほとんどないため、どのように使いこなすことができるのか分からないまま終わってしまいます。
簡単な英会話ですら、すぐに忘れてしまうのは普段の日常生活の中でも英語を使うことがほとんどないからです。
日本語はもちろん日本人なので一生付き合っていくことになるため、習わなくてもだんだん慣れることができるようになりますが、英語は使うことを意識していかなければ忘れてしまうのです。
そしてもう一つは英語自体を日本人が苦手だと感じてしまうことです。
日本語は英語よりも低い音であるため、低い音に耳が慣れている日本人は低い音が聞こえやすいです。
逆に英語は音が日本語よりも高いため、低い音に慣れている日本人は英語を聞き取ることが日本語より難しく感じてしまいます。
英語を正しく使いこなすために大事な条件があり、それは「英語を聞き取ることができなければ正しい発音をすることができない」ことです。
つまり、英語の音を聞き取ることができなければ、自信を持って英語を話すことは難しいでしょう。
帰国子女がネイティブスピーカーが多いのは、もともと英語の音に慣れていることもあり、英語の音を正しく聞き取ることができるからです。
つまり、英語の音を正しく聞き取ることさえできるようになれば英語を苦手だと感じることは少なくなります。

英語の勉強をこれから始めたいと思っている方は具体的にどのようなことを英語で学びたいのかを明確にすることが大事になります。
例えば「英語の資格を取りたい」、「簡単な日常英会話を使いこなせるようになりたい」、「海外に住んでみたいから本格的な英語を勉強したい」
これだけでも英語の目的、難易度、用途は全く別物になってきます。
英語ができれば何でもできるようになると思い込んでしまいがちであり、またそれによって英語を挫折する人も非常に多いため、まずは自分は英語を覚えて何をしたいのかを明確にしましょう。
英語を勉強するにあたって一番大事なのは目標をしっかり決めることです。
そしてその目標はできるだけ具体的な内容であり、自分自身で達成感を感じることができるような内容であればあるほど英語に慣れることができ苦手意識を克服することができるようになります。
むしろ、それを感じることができない人達が真っ先に英語を辞めてしまう傾向になっているので十分に気を付けていきたい所です。
また、継続的にできるような目標に工夫をしていかなければならないことを考えておかなければなりません。

これらについて気を付けて英語を勉強することができれば必ず成果を出すことができるようになります。
学校で習っていた今までの英語の勉強方法は実践では役に立つことが少ないと私自身も感じることがありました。
英語を勉強するにあたって、まずは好きになることを目指して英語の勉強に取り組んでいただければよいと思います。
ですが、そのためにも必ず自分で目標を設定してから英語の勉強に取り組むことだけを気を付けて進めていきましょう。

外国